エンジニアとして経験を積んできている方の中には、「ネットワークエンジニアにチャレンジしたい」と考えている方もいると思います。エンジニアとしての経験や知識は、様々な分野でも生かすことが出来ますから、転身や転職を考えている方にとっては、ネットワークエンジニアを視野に入れている方も多いでしょう。しかし、ネットワークエンジニアというのは、企業によっては仕事範囲が異なるため、事前に確認しておかなければ「こんなことまでやるの?」と後悔してしまうことになります。

では、ネットワークエンジニアの仕事ともなる、設計や提案についてご紹介しましょう。本来、SEと呼ばれているネットワークエンジニアの方はネットワークの運用や監視、構築や保守などをイメージする方が多いと思います。「これらの仕事であれば、今までの経験を十分生かせるから、やっていけるだろう」と思われる方が多いと思います。しかし、企業によっては更に仕事の幅を広げ、ネットワークの設計や提案までネットワークエンジニアが行っているところもあります。

ネットワークインフラを整備する際には、全般的な知識も必要となりますが、クライアントとの打ち合わせ時にはヒアリング力やプレゼンテーション能力なども求める企業があります。企業によっては、お金の管理やマネージメントなどを任されることもありますから、仕事をしていく上で全ての流れを把握し、仕事を進めることが出来る人材を求めていることもありますので注意が必要。「トータル的な仕事をしてみたい」と考えている方にとっては、こういった仕事の幅が広い休日というのは理想的な仕事といえるでしょう。

このように、ネットワークエンジニアの仕事には、設計や提案といった仕事を任されることもあります。「専門職に特化したい」と考えている方は事前に仕事の範囲を確認しておいた方が後々後悔することがないでしょう。ここにネットワークエンジニアの仕事を細分化した情報を共有します。ネットワークエンジニアの仕事の将来性をしっかり見極め、どのように現代社会で活躍できるかイメージをもつことも必要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です